グリム童話の教訓「釘」

些細な事を疎かにして大事故に発展した話

ストーリー

 ある商人が市場で商売をして、持ってきた商品を残らず売り切った。商人は夜にならないうちに家へ帰ろうと、自分の乗っている馬に鞄をくくりつけ出発した。

 正午にどこかの町で休憩したが、さて出かけようとする時に、下僕が馬をひいてきて言った。「旦那様、お馬の左の後あしの蹄鉄の釘が一本抜けておりますが。」
商人は「そのままにしておきなさい。道のりは、あと六時間あるだろうが、そのくらいでは蹄鉄は落ちはしまい。急いでいるからな」と言った。

 お昼過ぎに、また一休みして、馬に食べ物をやらせると、下僕が部屋に来て言った。「旦那様、お馬の左の後あしの蹄鉄がなくなっております。鍛冶屋へ連れてまいりましょうか」商人は「とれたまんまにしておきなさい。あと一、二時間だ。それくらい我慢できるだろう。急ぐのだからな。」と言った。

 そのまま出かけましたが、それほど経たないうちに、馬はびっこをひき始めた。びっこをひきだしたかと思うと、やがてつまずくようになり、つまずいているうちに、馬はばったり倒れて、あしを一本折ってしまった。

 否応なしに馬はそのままにしておいて、商人は馬の背中にくくりつけてあった鞄を自分でかつぎ、てくてく歩いて、夜中になって家に着いた。

 商人は独り言で「こんなひどい目にあったのも、もとはといえば、あの釘一本のせいだ、いまいましい奴だ!」

些細なことを疎かにすると大事故へと発展することがある。事故は起こるべくして起こるもの。他者に責任転嫁する前に、自分の見通しの甘さを反省し、失敗しない仕組みを作ることが重要です。

類似教訓
イソップ寓話の教訓No.146「鼠に怯(オビ)えたライオン」

釘の画像
グリム童話の教訓「釘」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す