日本の昔話の教訓「百足(ムカデ)のお使い」

仕事を振る時は納期を確認!

ストーリー

ある時、百足とバッタとカタツムリが寄り合いをしました。

とても寒い日だったので皆で「酒でも飲もうじゃないか!」となりました。

さて、誰が買いに行くか、ということになると、

バッタは「跳ねたときに瓶を割りそうだ。」

カタツムリは「歩みが遅いので、帰りが間に合わないだろう。」

百足は、しかたなく「それでは私が買いに行こう」と行くことになりました。

ところが、しばらくたっても百足は戻ってきません。

バッタとカタツムリが心配になり見に出かけようとしました。すると土間の脇で百足が何かしているようです。

「百足さん、なにをしてるのだい?」と尋ねると、百足は答えて、

「私は足がだくさんあるから、まだ草履を履いているところだよ!」

仕事を振る時は納期を確認。

百足(むかで)のお使いの画像
日本の昔話の教訓「百足(ムカデ)のお使い」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す