イソップ寓話の教訓No.337「ライオンと狐と猿」

自分で伝える!

ストーリー

 人間たちの生活と張り合おうとしたライオンが、自分を一流と認めた者たちに、手厚く持てなそうと努めた。

 ライオンの洞窟では、あらゆる種類の動物が、優雅な振る舞いを受けるために、群れになって訪れた。ライオンは礼儀正しく、心のこもった食事を、全員が満足するほど振舞った。

 ライオンは、友人の狐を同居させていて、その共同生活は良好だった。しかし、肉の切り分け係は、年老いた猿にさせていた。

 この猿は、たとえ初めての客であっても、ライオンが狩ってきたばかりの新鮮な獲物を、ライオンにも、初めての客にも、同じだけ盛り付けた。

 それなのに、狐は古い肉の、それも不公平としか思えないほど、少ない量しかもらえなかった。

 そこで狐は一計を案じ、ライオンの前でわざと黙り込み、食事にも一切手を付けなかった。

 それを見たライオンは、狐に尋ねた。
「狐君、何をすねているのだい?食事に手を付けてくれないか。」

 狐は言った。
「ライオン様、私は今の状況に苦しめられています。まして将来の事を想像すると涙が出てきます。毎日のように新しい客が来て、それが習慣になっていますから、だんだん古い肉さえ、私には配っていただけないでしょう。」

 ライオンは笑って言った。「その苦情は猿に言ってくれ!」

言いたいことがあるなら自分で伝える。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す