イソップ寓話の教訓No.164「托鉢僧」

いつでも苦労する人!

ストーリー

 托鉢僧たちは、いつも重たい荷物を驢馬にかつがせて旅をしていた。

 驢馬は奴隷のようにこき使われ、とうとう過労により死んだので、皮を剥ぎ、その皮を太鼓にして使っていた。

 ある時、別の托鉢僧と出会い「驢馬はどこへ行ったのだ?」と尋ねられ、「奴は死んだが、生きていた時よりもたくさん打たれている」と答えた。

苦労する人は、いつでも苦労している。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す