イソップ寓話の教訓No.149「ライオンと驢馬と狐」

ストーリー

ライオンと驢馬と狐が仲間になって狩りに出かけた。

獲物がどっさりあったので、ライオンは驢馬に命じて分けさせた。

驢馬が三等分を作り、好きなのを選ぶよう促したところ、ライオンは激怒して、驢馬に跳びかかるや、食べてしまった。

次に狐に分配を命じると、狐は三等分に分けた獲物を一つに集め、自分のためには少しだけ取りのけて、すべてライオンに取るよう勧めた。

「誰がこの分け方を教えた?」とライオンが聞くと、

狐は答えて「驢馬の災難です。」

他人の不幸は人を賢くする。

あなたはロバになっていないか?
まじめで働き者で真っすぐな性格のロバは、ライオン上司とずる賢いキツネの同僚と一緒に働いている。
ある時、ライオン上司はあえて達成不可能な目標をロバとキツネに命令した。そうしたところ、その命令に納得できない真っすぐな性格のロバは、ライオン上司に達成不可能な理由を進言した。
ライオン上司は心なのかで思った。「いちいち、うるさい奴だ!そんなことはわかっている。黙ってやれば良いのだ。」

その一部始終を見ていた同僚のキツネは、ロバのことを「馬鹿なやつだ!あいつがライオン上司の機嫌を損ねたおかげで、おれの評価が上がるのだ」と独り言で罵った。
ライオン上司は以後、ロバに厳しい評価を下すようになった。
翌年の春には、キツネは課長に昇進し、ロバはうつ病を発症し休職することになった。

サラリーマンはサバイバルだ。賢く生き残れ!

※類似教訓
イソップ寓話の教訓No.79「猫と鼠」

ライオンとロバと狐の画像
イソップ寓話の教訓No.149「ライオンと驢馬と狐」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す