イソップ寓話の教訓No.77「鹿と葡萄」

恩を受けても時が経つとありがたみが薄れてしまう

ストーリー

鹿が猟師に追われて、葡萄の木陰に身を隠した。

猟師が行ってしまったので、鹿が葡萄の葉を食べ始めたころ、猟師が戻ってきて鹿を見つけ捕らえられた。

鹿はため息をつきながら言うには
「こんな目に遭うのも当然だ。身を隠すためのぶどうの葉を傷つけたのだから。」

恩を受けても時が経つとありがたみが薄れてしまう。恩を受けた時のことを忘れぬよう常に自分を戒めておくことで恩人との関係が長続きする。

鹿と葡萄の画像
イソップ寓話の教訓No.77「鹿と葡萄」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す