イソップ寓話の教訓No.87「金の卵を産む鵞鳥(ガチョウ)」

強欲は今あるものさえ奪う

ストーリー

 ヘルメスを崇拝する男がいたので神は褒美として、金の卵を産む鵞鳥を授けた。

 鵞鳥は毎日ひとつ、金の卵を産んだ。金の卵は高い値段で売れた。

 男は、もっと多くの金の卵があれば、さらに金持ちになれると考えた。そこで鵞鳥の中に金の卵がたくさんあるはずだと思い込んで殺してしまった。

 鵞鳥の中に金の卵は無く、金の卵を産むガチョウも無くしてしまった。

※ヘルメス:主神ゼウスの末子。富と幸運をもたらす神。

強欲は今あるものさえ奪う。

長期的に利益を得続けたいなら利益を生み出す資源(金の卵)も大切にするべきだ。
金の卵は高い潜在的能力をもつ人材、商品、企画、将来高値が見込まれるコレクションなど様々なものがありそうだ。
もしかすると、自分自身が自分の金の卵かもしれない。あなたは自分の価値に気づけるか?気づいたら磨き続けることができるか?忘れてはならないことは「もっと、もっと」と強欲は避けねばならないことだ。

※類似教訓
イソップ寓話の教訓No.58「女と雌鶏」

イソップ寓話の教訓No.133「肉を運ぶ犬」


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す