イソップ寓話の教訓No.79「猫と鼠」

仲間の不幸から学ぶことは多い

ストーリー

 ある家にたくさん鼠が住んでいた。

 猫がそれを知って、出かけて行くと一匹また一匹と捕まえて食った。鼠は次々とやられていくので、穴にもぐったまま出てこなくなった。

 そうなると猫は手出しができないので、たくらみでおびき出そうと考えた。そこで腕木の上に登ると、そこからぶら下がって、死んだふりをしていた。


 それを見た一匹の鼠が言うには、
「おいおい、たとえお前が革袋になったとしても、近づくことはないぞ!」

賢い人は、自分や他の誰かが一度でもひどい目にあわされていたら、同じ轍は踏まない。仲間の不幸から学ぶことは多い。

※類似教訓
イソップ寓話の教訓No.149「ライオンと驢馬と狐」

猫と鼠の画像
イソップ寓話の教訓No.79「猫と鼠」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す