イソップ寓話の教訓No.426「狐と鶴」

人を傷つけると自分もいつか同じ目に遭わされる

ストーリー

いじわるな狐が鶴を食事に招待した。

やって来た鶴に狐は、たいらな皿にスープを入れて差し出した。鶴はくちばしが長いので、平らなお皿ではスープを飲むことが出来ず、ご馳走になるどころか、笑いものになってしまった。

今度は鶴が狐を食事に招待した。

訪れた狐に、細長い瓶に食べ物を入れて差し出した。狐は細長い瓶に入った食べ物を食べることが出来ず、鶴はそれを見ながら、おいしそうに食べた。

教訓
人を傷つけると自分もいつか同じ目に遭わされる。

また、善意の行いであっても思慮深く相手を思う気持ちがないと、相手は傷つくことがあるので注意が必要だ。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す