イソップ寓話の教訓No.405「一眼の巨人(キュクロプス)」

最後まであきらめてはダメだ!

ストーリー

誠実で、仕事熱心な男がいた。

長い間、家族ともども安定した生活を送っていたが、あるとき極度の貧困に陥ってしまった。

将来に絶望し、みじめに生きるよりは死んでしまうことを選び、剣を手にして、人気の無い場所へ出て行った。

しばらく行くと、とても深い穴を見つけた。中をのぞくと、そこには一眼の巨人が隠しておいた沢山の金塊があった。

この男は、たちまち恐れと喜びで胸がいっぱいになった。すると手にしていた剣を捨て、金塊を取り上げると、家族の待つ家へ帰って行った。

やがて一眼の巨人が穴にやって来て、金塊は見当たらず、剣がそこに落ちているのを見た。
しばらく立ち尽くし、その剣を使い、自ら命を絶った。

※キュクロプス:ギリシア神話に登場する卓越した鍛冶技術を持ち、額に一眼を有する巨人

教訓
人生の一寸先は闇だ。幸運の波に乗っていたかと思えば、突然不運に見舞われる。不運続きで捨て鉢になっていたが、突然幸運が降ってわいてくる。誰にでも思い当たることがあるだろう。最後の最後まであきらめないことだ。


万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。(松下幸之助)

一眼の巨人の画像
イソップ寓話の教訓No.405「一眼の巨人」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す