イソップ寓話の教訓No.179「驢馬と庭師」

会社を辞めたくなったら!

ストーリー

庭師に使われる驢馬が、餌は少なく辛い目ばかり多いので、庭師から解放して別の主人に引き渡してほしいとゼウスに祈った。

ゼウスはヘルメスを遣わし、驢馬を焼き物師に売るように命じた。
ところが驢馬は、はるかに多くの荷物を運ばねばならなくなり、今度も我慢がならず、ゼウスに助けを求めた。

最後にゼウスは驢馬を皮なめし屋に売らせることにした。

すると驢馬は、新しい主人の仕事を見て言うには、

「こんな所にいるより、以前の主人の所で荷物を運んだり腹を空かしているほうがましだった。ここでは、死んでも埋葬してもらえない!」

傍から見ると良いように見える仕事でも、実際に携わると苦労が多いことが分かる。今の仕事を安易に辞めると取り返しのつかない後悔をすることがあるから注意が必要だ。

・・・しかし、本当につらくていやになる時がある。そんな時は、
2~3日仮病を使って休み、気持ちをリセットする、それでもダメなら
上司に事情を話し改善してもらう、それでもダメなら
人事部へ直談判し異動させてもらう、それでもダメなら
減俸、降格を覚悟して長期間の休職をする、
こんなことをしてるうちに風向きが変わり辛さがなくなるはずだが、
それでもダメなら、転職もありかもしれない。


転職先はすぐに見つけることが出来ないから、必要な資格の取得や、採用について情報収集をつづけることだ。それが心の安定にもつながる。

ロバと庭師の画像
イソップ寓話の教訓No.179「驢馬と庭師」

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す